読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草本

No.211 ムラサキハナナ

春になり、一斉に花が咲き始めてます。オランダミミナグサ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザの群生のなかに一輪のムラサキのはな。調べてみると、ムラサキハナナ。ハナナ=菜の花らしいので、ムラサキの菜の花。なんとなく、菜の花みたいに美味しくは食べられ…

No.210 ハナニラ

朝早く起きれる暖かさになってきたので、ちょっとだけ朝散歩。スミレ、ふきのとう、タンポポ、ナズナ、タネツケバナが咲いてる。そんな中に薄紫色の花。ハナニラだ。ニラの葉に似ているからハナニラらしい。食べられない?みたいなのでご注意下さい。撮影日…

No.209 オランダフウロ

ゲンノショウコに似ている種をつけていたこやつ。なんだ!こやつは。。。はじめて見る👀調べてみると、オランダフウロ。おー!アメリカフウロのお友達みたい。爪みたいな種がカッコいい。これもゲンノショウコみたいに弾けるのかな?撮影日:2016年3月16日

No.208 スミレ(ヒメスミレ)

岩の間の風の当たらないところがあったかったのでしょうか。スミレの花が咲いています。花がすこし小さいのでヒメスミレかも。撮影日:2016年3月13日

No.207 カントウタンポポ

一気に寒くなった今日。そんななかでも花開くカントウタンポポ。この時期にしか見られないタンポポです。名前の通り、関東近辺にしかいないタンポポです。東北のほうは、エゾノタンポポ。西はカンサイタンポポ。カントウタンポポとカンサイタンポポの狭間は…

No.205 ふきのとう(フキ)

初春の味覚のふきのとう。この苦味を感じるといよいよ春だなと感じます。農家さんのお家にお邪魔して、ふきのとうのお話を聞く。なんとも贅沢な時間。フキにも種類があって、ふきのとうが小さいのが山ぶき、大きいのが水ぶきだとか。帰り際にたくさん水ぶき…

No.202 シバザクラ

桜の花が咲いています‼、、、シバザクラですが(;´д`)道ばたに一輪だけひっそりと咲いています。満開を迎えるまであとすこし?撮影日:2016年2月27日

No.201 スイセン

もうすぐはーるですね~。スイセンが満開を迎えそうです。春の風になりつつある今日。これから忙しくなるぞー!!撮影日:2016年2月27日

No.199 キヅタ

冬でも葉が青いキヅタ。檜に張り付いてます。キヅタの付着根は特徴的。この根は茎を支えるための根。水分や養分をとるための根は、ちゃんと土の中にあります。撮影日:2016年2月19日

No.195 ハコベ

春の七草のひとつ。ハコベ。別名ミドリハコベ。茎が赤くなるやつをコハコベと言われたりするみたい。だから、別名がミドリなのかも。まとめてハコベと紹介している図鑑もちらほら。図鑑を開くときはご注意を。撮影日:2016年2月12日

No.194 フクジュソウ

春のおとづれを告げる大輪花。雪解けの後、真っ先に芽吹き、花を咲かせる春の妖精。今日は暖かい日のだったせいか、Facebookにフクジュソウをあげる人がちらほら。みんな春を感じてるようです。撮影日:2016年2月12日

No.186 モウソウチク

どこにでも生えているとよく聞く竹。 でも、東北や北海道など寒いとこでは生えてないとか。 種類にマダケ、モウソウチク、ハチクといろいろありますが、こちらはモウソウチク。 節の線が1本なのが特徴。 下の写真は今年育った竹。だいたい15mぐらいあります…

No.185 オニマタタビ

お昼休みの休憩に家までちょっと散歩。 近くのお家にはオニマタタビを這わせた車庫。うちも昔、やってたな。 オニマタタビとはキウイフルーツの和名。 マタタビと名がつくので蔓で遊んであげるとネコを酔わせることができますよ。 やりすぎにはご注意を。 撮…

No.182 オカメザサ

日本で最小の竹。日本庭園ではよく手入れされていますが、こちらはボウボウ。中では鳥がチュンチュン。いい隠れ家になってるみたい?撮影日:2015年1月4日

No.173 グンバイナズナ

マメグンバイナズナも咲いているのか。と通りすぎようとしてると、、、ん?なにやら違う。ちょっと大きい。グンバイナズナだ。種が大きい。おーーー。これか!また新しいナズナに見つけて大満足! 撮影日:2015年12月16日

No.170 タネツケバナ

この花が咲くと、種もみを水につけて田植えの準備を始めた、というのが名前の由来らしい。なんか名前の由来かっこいい❗いまはポツポツ咲くぐらい。春になって田んぼの畦に群生して咲くのが待ち遠し。撮影日:2015年12月16日

No.169 ハハコグサ

お休み恒例の畦道散歩。やはりもう春かもしれないと思いながら植物観察。そこに、春の七草のひとつ。ゴギョウ。別名ハハコグサ。やはりもう春なのか、、、。暖かい。冬鳥も山に帰っちゃうじゃないかなと心配な畦道散歩でした。ちなみに江戸時代まではこれを…

No.168 ギシギシ

畦道に 背高くそびえるギシギシ。スイバ、ナガバギシギシ、アレチギシギシなど似ている植物がいるけど、見分けのポイントは種。ギザギザしているのがギシギシの特徴。ナガバギシギシはギザギザが緩め。ギザギザがギシギシ。覚えやすい?? 撮影日:2015年12…

No.166 チガヤ

河川敷によく見られるイネ科。 初夏ごろに穂をひろげるチガヤがいまごろ穂をつけてる。。。 根をびっしりつけるので護岸を強くするようです。 それにしても暖冬はほんとに不思議。 いままで常識があてはまらない年。 これもまた自然の流れかなと思うともに、…

No.165 ヒメジョオン

畦道に咲くヒメジョオン。さすがにハルジオンではないだろうと、葉を確認。葉が茎を抱いていない。ヒメジョオンだ!さて、ハルジオンはいつから見られるかな?撮影日:2015年12月1日

No.164 セイヨウタンポポ

植物たちの冬支度。草たちは種を作って枯れるか、背丈を低くして寒さから芽を守るか。いろんな形で春を待ちます。春を待つセイヨウタンポポ。たぶん。背丈を低くして寒さから芽を守る=ロゼットを作ってます。見た目がバラ(ローズ)に似てるからロゼットだと…

No.163 ヤーコン

農家さんから夏にもらったヤーコン。植えてみたらかなり大きくなり、そろそろ収穫か?と見てみると、まさかこんな花が咲くとは!ひまわりみたい。かわいいやつ。これから満開になるのかな?撮影日:2015年12月3日

No.160 ヒメオドリコソウ

冬のものを探しに散歩にでたら、やはり春の植物が目に付く今年の冬。 春先に咲くヒメオドリコソウ。 しかし、春に咲くものより若干小さめ。花も遠慮がちです。 植物も迷ってるのかな?? 撮影日:2015年12月1日

No.157 カゼクサ

道ばたになびくカゼクサ。風になびくのでカゼクサと呼ばれているらしい。押し花にすると、意外に利用価値あり。草むらを再現するのに最適です。撮影日:2015年12月1日

No.156 アズマネザサ

雑木林の林床に生える代表的な笹。篠竹とも言われます。刈らないとどんどん大きくなるので、雑木林の管理ではこやつをいかに管理するかが大切。そんなこといわれてもなかなかうまくいかないのが現実。笹が生えているとこは、歩きづらいけどなかなかよい雰囲…

No.155 ムシトリナデシコ

ピンクに白に。春に咲く花がまた一つ。ムシトリナデシコ。名前のとおり、粘着性の物質を出して虫などくっつけます。しかし、食虫植物ではない。ただくっつくだけ。なんなんだ。。ムシトリナデシコ。新手の罠ですね。リアクションが難しそう。撮影日:2015年1…

No.150 ノコンギク

秋に咲く花を発見。ノコンギク。春に咲く花が多い秋。こちらはもしかすると春に咲くかも?撮影日:2015年11月17日

No.146 マメグンバイナズナ

春に咲く花がここにもひとつ。 やはり春と秋の気候が似てきた影響でしょうか。 ナズナに似たマメグンバイナズナ。 小川の近くの土手にたくさん群生してました。東京にいる時も多摩川の河原でよく見た植物。 ドライにするとけっこういい感じなやつです。 そう…

No.145 カラスウリ

おなじみの林道を散策中に発見。 オレンジ色の実。林の中で目立ちます。 秋の風景を描くときに、想像しちゃうやつですね。 花は8~9月頃。夜咲くのでなかなか出会えません。 今年は、つぼみ?花の終わり?には出会えました。 撮影日:2015年11月13日 撮影日…

No.144 シロノセンダングサ

コセンダングサの変種。仲良くはえているのでどれがコセンダングサでどれがシロノセンダングサかは分かりにくい。花が咲くのを待つしかないな(;´д`)撮影日:2015年11月20日

No.142 木綿

つぼみが弾けて、白い綿。仕事場で育ていた綿花ができました。この中に種が入ってます。これが糸になるとは。。。どうすればなるかな??気になる。撮影日:2015年11月16日

No.140 メヒシバ

草地に生えすぎていて見逃されているメヒシバ。そして、細かすぎて全く撮れない(;´д`)しかし、ついに撮れました❗てか、ピント合いました。うしろがコンクリートだからよかったのかな。撮影日:2015年11月16日ついでにいちょうが流れる水路がいい感じだった…

No.138 ミツバアケビ

先日、アオキを見つけた場所の近くにアケビがなっているのも発見。 なかなか立派なアケビ。まだ実がはいっているやつもあるな。 しかし、断崖絶壁でとれない。 そこで、遠目からカメラで激写。 殻が割れているのでムベではないことはわかるが、アケビとミツ…

No.137 アオキ

山越えの道路沿いを昼休みに散策。 この道、面白い。クサギ、ガマズミ、ヤマハギ、ムラサキシキブ、スギ、などなどいろんな実が沢山見られます。 そのなかの一本。青い木。 スギ林などちょっと暗めの林の中に良く生えてます。 いまはまだ緑ですが、これから…

No.135 サネカズラ

つるから赤い実。なんだこれは?ぱっと見は、アケビの葉っぱみたい。ここで登場の里山のつる性植物図鑑。パラパラパラ。さっそく発見。サネカズラのようです。サネ(実)が美しいカズラ(葛)だからこの名前がついたそうです。なぜカズラ?クズと似ているところ…

No.132 カナムグラ

つる植物のひとつ。クズと同じく大群落を作ってます。9月に撮ったのは雌花の花。雄花と雌花が違う「つる」から出る珍しいやつ。ただ、触るときはとげがあるので注意が必要です。撮影日:2015年9月14日撮影日:2015年11月1日

No.131 ツメクサ

ゼニゴケの横にちいさな花。 調べてみると、ツメクサ。 日本全土どこでもみられるやつらしい。 花のおわりの愕だけでもかわいいやつです。 咲きそうなつぼみも発見。 白い花を咲かせているところを激写してみたい!! 撮影日:2015年11月5日

No.125 アメリカセンダングサ

コセンダングサのお仲間。コセンダングサよりちょっと大きめ。赤黒くなって、意外にきれい。そして、なんだかひまわりっぽい(@_@)秋のひまわり、なんて通称もいいかも?撮影日:2015年10月25日

No.119 オオジシバリ

コスモス畑を観にお昼に散歩。途中の畦道には、ホトケノザ、カタバミなどが。そのなかに黄色い花。オオジシバリ。春の花と思いきや、秋にも咲き誇る。ホトケノザも咲いているし。秋の花、春の花の境がなくなっちゃうかも?撮影日:2015年10月25日

No.118 アオツヅラフジ

林の縁にぶどうが。似ているけど食べられません。アオツヅラフジです。なにやら、こやつもアカネと同じく染色に使えるそうです。なので、採集、採集。どんな色に染まるか今から楽しみです。撮影日:2015年10月22日

No.117 クワクサ

お店のかたすみに小さく咲いていた植物。ハキダメギクかシロザなにかなと思いきや、なにやら違う。これは、なんだ??調べてみると、クワクサ。エノキグサやセンダングサと同じく、樹木の葉っぱに似ているから名前がついた草。ということは、樹木のほうが早…

No.116 ヤクシソウ

林内に黄色い花。オニタビラコか?と思ったが、どうやら違う。葉っぱが丸い。調べる、調べる。(@_@)コオニタビラコ、違う。、、、ヤクシソウだ!こやつであったか!また、新しいのが増えました❗撮影日:2015年10月16日

No.115 イモカタバミ

散歩の道すがらにまんまるにまとまりながら生えていた紫色のカタバミ。ムラサキカタバミとイモカタバミのどっかだ?やくを見れば一目瞭然。こいつは、黄色い。イモカタバミだ!!しかし、よくやくの色が違うと気付いたもんだ。発見した人、えらい!掘ったら…

No.114 ヤナギハナガサ

お昼に仕事場の近くを散歩。これはみたことあるなと。アレチハナガサだ!しかし、よーくみると、毛がおおいし、葉っぱも対生だ。。。調べる、調べる。(@_@)ヤナギハナガサだ!おー。東京では多摩川でアレチハナガサばかりだったけど、初めてみた。よーくみる…

No.113 ジュズダマ

むかしはお手玉のなかにいれてよく遊んだな。とおばちゃんの話。首飾りに使うとは聞いたことあるがお手玉とは。なるほど。おもしろい。また、種を煎ってお茶になるとか。実は雑草が一番使い道あるかも??撮影日:2015年10月14日

No.112 ガマズミ

須田ヶ池のベンチで昼食後に、周辺の雑木林を散策。またまたいろいろ発見。そのなかの一つ、ガマズミ。(ミヤマガマズミかも?)ポテトチップみたいな葉に真っ赤な実。この実は冬に近づくにつれて甘くなるそうです。熟した実を使うと、きれいな赤色のガマズミ…

No.111 アカネ

このつる植物はなんだろう。輪っか状に葉っぱがでている。葉っぱはハート型。なんだろなあーと頭の片隅に思いながら、本屋へ。そこで「里山のつる性植物」なるものを発見!これは!さっそく開いてみる。と、開いたとこに探してたものが!おー!アカネか!な…

No.110 アキノキリンソウ

ましこを見晴らせる山の上で益子を堪能。地面には黄色い花がちらほら。おっ、椅子のしたにも。調べてみると、アキノキリンソウ。名前にアキノが入る植物の一つ。植物の名前を聞くだけで季節がすぐわかる。なんかいい感じ。撮影日:2015年10月14日

No.107 クサノオウ

春~初夏に咲く花ですが、秋に咲いてました。春と秋は気温が似ているせいでしょうか。林の林縁で見かけることが多いかな。茎を切ると白い液がでて、うあーと毎回思います(;´д`)ちなみに、草の王と書きますが、王様ではなく、呼び方、言い方が省略されながら…

No.105 イボクサ

畦道散策中に田んぼの脇に三枚の薄ピンク色の花がちらほら。別名ホシクサ。こっちが正式名のほうがいいような、、、。ちなみに、稲作では害草になるようです。なので、稲作害草図鑑?のほうが普通の図鑑よりも詳しく書いてある場合があります(;´д`)なんだか…