読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.244 ユキノシタ

花がきれいなのか家の庭によく見られるユキノシタ。日陰でちょっと湿ったとこが好みのやつです。ダイモンジソウと近縁の種類とのこと。どおりで花が似ていると思った。撮影日:2016年5月23日

No.243 シオヤトンボ

益子の自然観察会へ参加。 トンボが出始める季節ということでトンボをメインに観察会開始。 少し歩き、水辺の近くに来るとトンボが1匹。 お!青白い!シオカラトンボか? と思い、講師の方々に聞くと、シオヤトンボとのこと。 シオカラトンボはお腹の先端部…

No.242 コゴメウツギ

初夏を感じる日に林道を散策。林縁に小さな花。コゴメウツギ。日当たりの良い林縁に生えます。ウツギはアジサイ科ですが、コゴメウツギはバラ科。たしかにバラ科というだけあって、サクラやウメの花に似ていますね。植物界には名前は似てるけどなかまじゃな…

No.241 ギンラン

山道を通ったら偶然見つけました。ギンラン。花は半開きだけど、ギンランは全開にはならないのでこれが正常。東京にいたときは、よく調査で観察していたけど益子で見たのは今日が初めて。こうなるとキンランも見たくなるな‼撮影日:2016年5月10日

No.240 ノアザミ

家の近くもかなり様変わりしてきました。 オオイヌノフグリやホトケノザ、ナズナなどが種を残す中、カタバミ、チチコグサ、ムラサキツユクサなど夏の植物たちがおでましです。 キツネアザミもそのひとつ。 春~初夏に咲くのはキツネアザミとノアザミだけらし…

No.239 ツボスミレ

カキドオシの群生に目がいき、気が付かなかったけど、たくさんの白いスミレが花を咲かせていました。小さな花で楽しませてくれます。カキドオシの採取に夢中になって潰してしまうとこでした。あぶなし、あぶなし。撮影日:2016年4月26日

No.238 シャガ

垣根の隙間からシャガの花が一輪。垣根の中を見てみると、いくつか花開いてました。朝開いて夕方には閉じてしまう1日花。今日出会えたことに感謝感謝。来年も会えるといいな。撮影日:2016年5月3日

No.237 タガラシ

プランターの中から黄色い花が一輪。調べてみると、タガラシ。田を枯らすほどはえるのか?と勝手に思い込んで調べたら、田辛しでした。田に生えて、噛むとヒリヒリする(有毒なのでご注意)かららしい。予想は外れるもののようだ。撮影日:2016年4月27日

No.236 フジ

ゴールデンウィークの花といえば藤というイメージがありましたが、今年はちょっとはやめに咲いてます。クマバチが好きな花なのかたくさんよってきてました。藤の花を撮るときにはご注意を。撮影日:2016年4月26日

No.235 キランソウ

カキドオシに良く似た花。キランソウ。カキドオシよりはちょっと小さめで、色は濃い目です。別名ジゴクノカマノフタ。優れた薬効からこの名前がきてるとか。シソ科は薬効があるものが多くて重宝する植物ですね。撮影日:2016年4月12日

No.234 アメリカフウロ

アメリカフウロがひそかにガードレールの下で咲いていました。葉っぱが赤くなって目立つのとは正反対な薄ピンクの花。見逃さなくて良かった。あぶなし、あぶなし。撮影日:2016年4月25日

No.233 オオアマナ

またもやハナニラが咲いていると思いきや、よく見ると花弁の形がどうも違う。スイセンの園芸種?かなとおもい、図鑑を見ていたらオオアマナだということが判明。アマナは今年も見れなかったけど代わりにオオアマナが見られて満足、満足。撮影日:2016年4月17…

No.232 スズメノカタビラ

イネ科が開花し始めた5月。スズメノカタビラが穂をつけて、一斉に咲いています。たくさん咲いているのにうまく撮れない。やはりイネ科は写真が難しいな、、、。撮影日:2016年4月18日

No.231 かりん

バラ科。ということで桜のなかまです。初めて花を見ました。今年は満開のようです。実もいっぱいつけるかも。いっぱいできたらかりん飴でも作ろうかな?撮影日:2016年4月20日

No.230 シロバナタンポポ

なにやら薄いタンポポがあるなと思ったらシロバナタンポポ。関西ではタンポポといえば、シロバナだったそうです。今はセイヨウタンポポが多くなってきたので黄色みたいですが。撮影日:2016年4月12日

No.229 ムラサキケマン

ちょっと日陰に咲いているムラサキケマン。さくらに目が行って上を見がちなこの季節。桜の下にも華がありました。撮影日:2016年4月13日

No.228 ナミテントウ

ナナホシテントウだ!と思いきや、星の数が違う。。。調べてみると、ナミテントウとのこと。ナミテントウは黒地に赤い星二つかと思っていたが、かなりバリエーションに富んだやつらしい。これからは星の数をよく数えて間違えないようにしないと。撮影日:201…

No.227 コメツブツメクサ

小さな黄色い花。コメツブツメクサ。シロツメクサ、アカツメクサのなかま。小さな花で楽しませてくれます。しかしこちらも小さくて撮りづらい。撮影日:2016年4月11日

No.226 アケビ

アケビの花が咲きました‼咲くまでだいたい5日くらいでした。芽生えは黄緑色でなんとも美しい。花も白くて可愛いやつでした。アケビの実ができるのが楽しみです。撮影日:2016年4月6日撮影日:2016年4月12日

No.225 アリアケスミレ

スミレには色々な種類があります。そのひとつ、アリアケスミレ。スミレの後に出てきた白い花。紫のすじが良いアクセント。次はなにが見れるかな??撮影日:2016年4月6日

No.224 ヘビイチゴ

がらがら蛇がやってくる~おなかを空かせてやってくる~。となぜかヘビイチゴを見ると頭の中に流れます。最近暖かくなったので一気に花開いてました。このあとの赤い実が楽しみです。食べられないけど。撮影日:2016年4月9日

No.223 キュウリグサ

やっとピントが合いました。。。花が小さくてなかなか激写できませんでしたが、ついに!!こちらはキュウリグサ。茎のにおいがキュウリに似ていることからこの名前になったとか。撮影日:2016年4月8日

No.222 ムスカリ

紫のぶどうが地面からにょきにょきと。まるでつくしのようだ。もともと園芸用で楽しまれていたムスカリ。いまでは野原や畦道にも進出中。撮影日:2016年3月22日

No.221 スズメノヤリ

なんだか目がかゆくなってきたと思い、イネ科を探す。探してみると、やはりありました。スズメノヤリ。指で弾くと黄色い花粉が!!( ̄□ ̄;)!!!イネ科のなかでは早くに花粉を出すスズメノヤリ。これからくるイヌムギやカラスムギ等の花粉がこわい。((( ;゚Д゚…

No.220 スズランスイセン

毎日、スズランが咲いてるなと思って、通りすぎてたが、どうやら違うみたいだと最近気付く。調べてみると、スズランスイセン。スズランに似ているためこの名前がついたとか。思い込んでるといつの間にか目に入らなくなりますね。勉強になりました!撮影日:2…

No.219 レンギョウ

生垣が黄色で埋めつくされています。挿し木でも増えるようで我が盆栽の師匠は挿し木で増やしてミニ盆栽で販売してました。あんな小さいのに花を咲かせるとは。さすが師匠。見習わないとな。撮影日:2016年3月31日

No.218 つくし(スギナ)

つくしんぼー。まだ出始めなので、食べ頃。しかし、生えている場所を選ばないと食べる気はしない今日この頃。撮影日:2016年4月1日

No.217 カラスノエンドウ

オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウが落ち着き始めると、一気に勢力を拡大してくる軍団のひとつ。(自己的には)カラスノエンドウ。種が熟すと、黒くなることからこの名前がついたとか。葉っぱが出始めが面白い。まるで閉じた扇子のよう。その付…

No.216 ボケ

桜の開花とともに、ボケの花が咲いています。実は漬け込むと果実酒になるらしい。どんな味がするのだろうか!実がなるのが待ち遠し。撮影日:2016年3月30日

No.215 パンジー(ビオラ)

駐車場に小さな花。スミレかなと近づいてみると、パンジー(ビオラ)。花壇の種が飛んだのでしょうか?なんともかわいい佇まい。調べてみると、じつは、スミレのなかま。だからこの時期に咲くのか。納得。花の大きさが3~5cmなのがパンジー。それより小さいの…

No.214 ヤブカンゾウ

春の山菜がまたひとつ。ヤブカンゾウ。新芽はあくがなく、おいしいらしい。蕾も食べられるらしい。夏になれば、オレンジ色のきれいな花が。こちらもまた楽しみに。撮影日:2016年3月22日

No.213 カキドオシ

乾燥させてお茶にしたり、若葉をあえて食べたり、葉は特有のにおいがするのでエキスを抽出したり。意外に利用価値の高いカキドオシ。他になにかに使えないかな?撮影日:2016年3月23日

No.212 セイヨウアブラナとセイヨウカラシナ

桜の開花前に2種類の菜の花が咲き誇ってます。セイヨウアブラナとセイヨウカラシナ。アブラナは茎を抱き、カラシナは茎を抱きません。ミツバチも蜜を集めにやってきて、春らしい気温になってきてますね!こちらはアブラナ。こちらはカラシナ。撮影日:2016年…

No.211 ムラサキハナナ

春になり、一斉に花が咲き始めてます。オランダミミナグサ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザの群生のなかに一輪のムラサキのはな。調べてみると、ムラサキハナナ。ハナナ=菜の花らしいので、ムラサキの菜の花。なんとなく、菜の花みたいに美味しくは食べられ…

No.210 ハナニラ

朝早く起きれる暖かさになってきたので、ちょっとだけ朝散歩。スミレ、ふきのとう、タンポポ、ナズナ、タネツケバナが咲いてる。そんな中に薄紫色の花。ハナニラだ。ニラの葉に似ているからハナニラらしい。食べられない?みたいなのでご注意下さい。撮影日…

No.209 オランダフウロ

ゲンノショウコに似ている種をつけていたこやつ。なんだ!こやつは。。。はじめて見る👀調べてみると、オランダフウロ。おー!アメリカフウロのお友達みたい。爪みたいな種がカッコいい。これもゲンノショウコみたいに弾けるのかな?撮影日:2016年3月16日

No.208 スミレ(ヒメスミレ)

岩の間の風の当たらないところがあったかったのでしょうか。スミレの花が咲いています。花がすこし小さいのでヒメスミレかも。撮影日:2016年3月13日

No.207 カントウタンポポ

一気に寒くなった今日。そんななかでも花開くカントウタンポポ。この時期にしか見られないタンポポです。名前の通り、関東近辺にしかいないタンポポです。東北のほうは、エゾノタンポポ。西はカンサイタンポポ。カントウタンポポとカンサイタンポポの狭間は…

No.206 サンシュユ

春色といえば、黄色と桃色。そんな黄色が咲き始めました。サンシュユ。別名、春黄金花(はるこがねばな)。”木全体が早春の光を浴びて黄金色に輝く”姿がそうよばれる由縁だとか。そんな場面にできわすことを願って散歩を続けよう。撮影日:2016年3月7日

No.205 ふきのとう(フキ)

初春の味覚のふきのとう。この苦味を感じるといよいよ春だなと感じます。農家さんのお家にお邪魔して、ふきのとうのお話を聞く。なんとも贅沢な時間。フキにも種類があって、ふきのとうが小さいのが山ぶき、大きいのが水ぶきだとか。帰り際にたくさん水ぶき…

No.204 ウメ

気温が急上昇した本日。 朝はうぐいすの初鳴きに耳を傾け、その後は麦畑でヒバリの初鳴きを聞き、そして、夕方にはまたウグイスの声に耳を傾ける。 しかし、そんな鳥たちの声は聞こえたものの姿はとれず。 そんな良き日に満開の花。ウメ。 これだけ咲き誇る…

No.203 ジンチョウゲ

春を香りで教えてくれる花。ジンチョウゲ。秋を教えてくれるキンモクセイと似てる。ジンチョウゲ、、、どこかで聞いたことあると思ったら、ユーミンの春よ、来い。だ!!おーおーおー。そういうことか!納得、納得。また新しいものに出会えました‼撮影日:20…

No.202 シバザクラ

桜の花が咲いています‼、、、シバザクラですが(;´д`)道ばたに一輪だけひっそりと咲いています。満開を迎えるまであとすこし?撮影日:2016年2月27日

No.201 スイセン

もうすぐはーるですね~。スイセンが満開を迎えそうです。春の風になりつつある今日。これから忙しくなるぞー!!撮影日:2016年2月27日

No.200 キジ

この地区には鳥が多いなと思いながら、ふと木上を見ていると、なにやら大きい鳥が。日本の国鳥、キジ。のオス。Nikonがなかったので、スマホでパシャリ。うまく撮れず残念。撮影日:2016年2月25日

No.199 キヅタ

冬でも葉が青いキヅタ。檜に張り付いてます。キヅタの付着根は特徴的。この根は茎を支えるための根。水分や養分をとるための根は、ちゃんと土の中にあります。撮影日:2016年2月19日

No.198 河津桜

ましこで一番早く咲く桜。河津桜。まだ肌寒い日が続いているので咲いているのはほんの一部。満開になるのが楽しみ、楽しみ。撮影日:2016年2月18日

No.197 エナガ

小さな鳥が群れで家の近くの樹林にちらほらと鳴き声が。 動きが早くて撮れない。。。 やっととれたと思ったブレブレ。 シジュウカラくらいの大きさのエナガちゃんでした。 なかなか止まってくれないのがまた良い。 鳥を追いかける楽しい時間を提供してくれま…

No.196 ツバキ

小雪が舞った日の次の日。 赤く咲くツバキに目が留まりました。 民家の生垣に見られるツバキ。 花が散るときはボタっと花ごと落ちるのが特徴。 花が似ているサザンカは花びらが一輪一輪落ちます。 ・・・なぜ花の終わり方に差があるのか???とくに意味はな…

No.195 ハコベ

春の七草のひとつ。ハコベ。別名ミドリハコベ。茎が赤くなるやつをコハコベと言われたりするみたい。だから、別名がミドリなのかも。まとめてハコベと紹介している図鑑もちらほら。図鑑を開くときはご注意を。撮影日:2016年2月12日